読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みこのgooday’s diary

日々の生活の中でつれづれに思い出したことや今日の出来事などを書いていきます。

子供の夢 夢って叶うって信じますか?

今日も私のブログにお越しくださいまして

ありがとうございます。

 

連日の寒さで震えております。

 

寒いですね(´・ω・`)

 

 

今日電車で素敵な親子を見つけました。

 

若いママと2歳くらいの男の子です

 

比較的電車が空いていたので

乗ってきてすぐ座れました

 

 

f:id:miko2016:20170210005740j:plain

 

ママは子供の靴を脱がせて

座席に座らせました

 

子供はすぐ窓の方に向かって

座りすごく楽しそうに眺めています

 

「つぎは〇〇えき」

 

「つぎは〇〇えき」

 

よく見ると右手には

ちいさな電車のおもちゃがあります

 

f:id:miko2016:20170210005804j:plain

電車好きなんだ!!

 

ママさんがバックから絵本を出しました

 

最近のママさんは

子供にスマホを見せているのが多いので

なんだか新鮮に映りました

※ちょっとまえは当たり前の光景だったのにね

 

男の子は

座りなおして

絵本に夢中です

 

電車の本でした

 

 

持っているおもちゃと

同じ電車を見つけて大喜び!!

 

ママさんと二人で

楽しそうに会話しています

 

見ていてほっこりする親子さんでした

 

 

私も子供の頃電車が大好きで

 

駅名を覚えるのが得意でした

 

f:id:miko2016:20170210010230j:plain

 

どこかに電車ででかけると

 

帰ってきてから

その途中の駅名をスラスラいうので

 

まわりの大人がびっくりしていました

 

 

駅名が思い出につながるんですね

 

 

駅名と一緒に思い出すのが

駅にある立ち食いのお蕎麦屋さんです

 

 

電車の乗り換えの時に

「ここのが一番おいしい」

 

とか親にいわれて急いでかきこんだ

思い出があります

 

 

実はわたしは鉄道が大好きなんです

鉄子」と友人は言います!!

その通りです(笑

 

きっかけは

 

家族旅行です

 

我が家はもっぱら鉄道を利用して

旅行をしていました

 

駅弁をたべたり

みかんをたべたり

 

 

f:id:miko2016:20170210010526j:plain

 

あのボックス席の中は

不思議な空間でした

 

家族が密着して

一つの目的のために行動する

 

それが

わたしにとっての

わくわく感だったのだと思います

 

父や母のひざの上で

うとうとして

そしていつの間にか寝てしまう

 

もしかしたら

至福の時間だったのかもしれません

 

 

母が病弱で

甘えることがあまりできなかったので

あの時間は

かけがえのない

しあわせの時間でした

 

 

だいたいが母の希望で

温泉旅行でした

 

 

ひなびた温泉だったり

にぎやかな温泉だったり

 

f:id:miko2016:20170210010636j:plain

 

でも

 

母と入った記憶がないのです

 

わたしにとって

母はすごく遠い人でした

 

 

わたしは

そんな母とちがって

 

いまお母さんになりましたが

こどもになるべくかかわろう

寄り添うようにしようとおもっています

 

f:id:miko2016:20170210010810j:plain

 

子供の時

あたたかい家庭を夢見ていました

 

みんなで健康で明るい家庭です

 

 

母は病弱だったので

こどもと一緒に過ごす時間が

余りありませんでした

 

ほんとうは母が一番

つらかったのかもしれません

 

したいことや叶えたい夢も

いっぱいあったはずなのに

 

なにもできなかった悔しさも

あったかもしれません

 

 

わたしが大人になって

やっと

あの頃の母の気持ちがわかるように

なりました

 

 

精一杯の愛情が

あの電車の中での

ひざまくらだったのでしょう

 

 

でんしゃが大好きになったわたしも

こころのなかで

母の愛を感じ取っていたのでしょうね!!

 

お母さん

 

ありがとう!!

 

 

今日もわたしのブログを

最後までご覧いただきまして

ありがとうございます。

 

またおこしくださいませ!!