読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みこのgooday’s diary

日々の生活の中でつれづれに思い出したことや今日の出来事などを書いていきます。

絵日記の得意な小学生は好奇心いっぱい! 大人の言葉に思春期の反抗も 

今日も私のブログにお越しくださいまして

ありがとうございます。

 

毎日こうしてブログを書いていますが

 

実は小学生の時に

 

6年間 毎日、絵日記を書いていました。

 

f:id:miko2016:20170208004824j:plain

 

入学してまもない国語の授業で

絵日記を書くというのがありました。

 

そこからの始まりです。

 

 

夏休みの宿題の絵日記も

大好きでした。

 

 

それが

飽きもせず続いたんですね

 

 

上に絵をかいて

下に日記を書く

 

f:id:miko2016:20170208004629j:plain

 

 

書くことが山ほどあって

2ページにわたることもありました

 

 

子供って観察だいすきだから

 

なんでもネタになったのですね

 

 

それを6年間続けたわけです

 

先生に褒められて

 

うれしかったのを覚えています

 

先生は続けたことを

褒めてくれたのだと思います。

 

 

そして

続けることに意味があった

と知ったのはかなり後のことです

f:id:miko2016:20170208004721j:plain

 

その時はただただ楽しかった

 

文章を書くこと

 

短く簡潔に

 

その癖が自然に身についたのは

絵日記のおかげだと思います

 

 

その後の

中学生になって

読書感想文を書くときに

すごく役立ちました

f:id:miko2016:20170208004747j:plain

 

また

 

なんでも観察するクセがついたので

いろんなことを

表面だけではないことを知りました

 

それは良いことも悪いことも

 

形があるものも

形のないものも

 

小学生がほんとに?って

おもわれるでしょうが

 

今思えば

小学生だった自分の方が

大人だったかもしれません

 

すごくシビアな目で見ていたかも

 

本も沢山読みました

 

f:id:miko2016:20170208004933j:plain

 

たぶん今の何十倍もの本を

読んだと思います

 

図書館のおねえさんに

欲しい本があったらいってね!!

 

と言われるくらい毎日通っていました

 

 

 

だから

 

中学生になってからは

読書感想文では

いつも賞をいただいていました

 

f:id:miko2016:20170208005002j:plain

 

あるとき

 

 

先生から「夏休みに読んでね」

と言われて渡された本が

いままでの好きなジャンルと

まったく違うもので

 

 

そのときにはじめて

本を読む苦痛を味わいました。

 

あれはいったい何だったんだろう

 

 

先生はわたしの鼻をへし折りたかったのか?

かいかぶっていたのか?

 

 

その後その本の読書感想文を

書きなさいと言われて

 

 

苦痛にもがきました

 

だから

大雑把に書きなぐって提出しました

 

 

それが後日「大賞」を取ったのです

 

 

わたしはその後読書感想文を書くのを

やめました。

 

 

あれから1度も書いていません

すごくショックだったのです。

 

 

あれだけ文章を書くのが得意だったのに

いい加減に書いた文章で評価されたことが

許せなかったのだと思います。

 

 

思春期ですね!!

f:id:miko2016:20170208005129j:plain

 

いまなら

 

ありがたく

「ラッキー!!」

と、賞をいただけるのに(*^-^*)

 

 

いまは

 

大人になって

 

小学生の時の自分を思い出して

好きなことに夢中になっていた

自分にうらやましさを感じます。

 

いい時代だったな―――ぁ

 

 

そして思春期の自分には

 

肯定と否定が入り混じって

 

大人への反発もあったのだと

素直になれなかった自分に

 

まぁそんなときもあるよ!!

って肩をたたいてあげたいです。

 

 

いまはあのときの自分がいるから

 

まだまだ好奇心いっぱいで

元気なのだとおもいます。

 

観察はいまも得意中の得意!!

 

いいもの選ぶ目は越えてますよ!!

 

おまかせください!!!

 

今日も最後までお読みくださいまして

ありがとうございました。

 

またおこしくださいませ!!